お花を「長持ち」させる秘訣は?〈花束編〉|ハグフラワーズブログ|HUG FLOWERS(ハグフラワーズ)

BLOG

2019.10.01

お知らせ

テーマ:

お花を「長持ち」させる秘訣は?〈花束編〉

「お花を頂いたり、購入してもお手入れ方法が分からない!」

折角のお花が直ぐに痛んでしまっては楽しめませんよね。今回は皆様の手助けとなる豆知識をお伝えします。

まず、お花の置き場所です。飾るのに最適な場所は「室内で、涼しく、日が射し込まないところ、エアコンの風が直接当たらない場所」です。

〈花束のお手入れ方法〉

ラッピングされているセロハン・和紙・リボンなどは全て外し、花びんや器に水をはって活けて下さい。お水の量は花びんの7~8分目程度が目安です。(出来れば活ける前に、茎の先端を切り直していただくとより良いです。)お花をまとめているヒモやゴムは、付けたままでも取ってもらってもどちらでも構いません。ヒモを取るとお花同士が離れて蒸れにくくなり、通気性がよくなります。

〈より花束を長持ちさせる為には?〉●切り直し●水変え がポイント!

●切り直し

出来れば2~3日に一度、先端を切り直して下さい。また、茎にぬめりがある場合は、手でこするようにして洗い流して下さい。切り直す際は、茎の断面の水吸い上げ面積を広げるために、斜めに切って下さい(ハサミは花用や園芸用が最適ですが、なければご家庭にあるハサミで大丈夫です)。

●水変え

水が濁ってきたら新しい水に替えて下さい。水を替える際、花びんのぬめり(雑菌)を取り除くために、花びんをすすぐだけでなく出来ればスポンジ・ブラシなどで洗って下さい。

 

© 2015 - 2021 HUG FLOWERS.